FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

忙しない師走

さて、またもや一ヶ月ぶりの更新ですが・・・。
どうも、gyふじこlpです。
ちょっと卒論を書いてて、そんで更新が途絶えてしまったんです。
まあ、twitterの方はグダグダ書き込んでましたがw

で、本題の卒論ですよ。
ようやく今日提出してきました。
ってかタラタラ出しに行ったら締め切りの10分前になってたので結構焦りましたがw
題目はと言えば、ノイズと社会の関連性です。
実は元々音楽について書くつもりなんて微塵もなくてデジタルメディア的なことをやろうと思ってたんですよ。
例えばテレビの未来とか、インターネットが地域圏ネットワークを復興させるには、とか、radikoについてとか、ニコニコ動画についてとか・・・。
まあそれぞれ色々と思うところがあったのでそういうのにしても全然良かったんです。
でも、結局そういう、音楽についての論文を書くことになりました。
っつーのも震災後のうんたらかんたらで音楽の重要性がどーしたこーしたって感じで。
まああんま解説するの面倒なんで細かい中身とかはまたの機会にやります。
ひょっとしたら次回の更新時にやるかもです。
ってかあれって半ば黒歴史ですね。
多分3年後ぐらいに読み返すと枕に頭うずめてバタバタしちゃいそうですよw

で、提出した後に聴いてたミスチルが、冬の冷たい風と共に、肌身に染みました。
卒論を出したときに、これを出すともう大学も出て行かなきゃいけなくなるのかー、と感慨深くなったわけなんですよ。
何かこう、人は常に目の前にある壁を越えていかなければいけないけど、でもそうしてしまうことで失ってしまうものもあるのではないか、と。
ごくごく当たり前のことだし、そんなこと言われなくても分かってるつもりだったんです。
でもミスチルを改めて聴いてみると、彼らがずっと僕らに言い聞かせてたのはそういうことで、そんなこと僕は頭の中でわかってたつもりだけど結局実感として捉えてたことって今まで無かったんじゃないか、と、ふとそういうことを思ったわけなんです。
例えば小学校から中学校に上がるときも、高校に上がるときも、その次も、期待の方が遙かに大きかったわけです。
でも今は期待とか希望みたいなものってどうしたわけか全く湧いてこないんですよ。
こんなに大きな喪失感みたいなのって、少なくとも大学生活ではそんなになかったんじゃないのかな、って。
っつってもこんなこと考えるのって僕だけじゃないだろう、とか思ったりもするんですがね。
きっと世の中の大学生の大半が、卒業を間近に控えた大学生の大半が、そう思ってるんじゃないのかと。
しかしそういう葛藤って乗り越えるためにあるわけで。
次のステップに進むためにはそういう壁みたいなのを越えていかないといけないわけです。
もちろん越えなくても全然生活していけますよ。
でも、そうしてるうちに時間は勝手に過ぎていくものなので、そこでくすぶってたら自分は前に進めないわけなんですよね。

 今より前に進むためには
 争いを避けて通れない
 そんな風にして世界は
 今日も回り続けてる

ってミスチルは言ってましたけど。
成長って何なんだろうとか、思いますね。
人生ってやっぱ止まっちゃうとそれで終わりですよ。
進み続けた者だけが勝ち残っていくってね。

まーそんなかんじっすわー。
卒論終わったんで随分楽になったと思ったんですが、まだ次々とやることが残っててなかなかシビアな状況です。
毎年12月は忙しないですね。
忙しないって書くと忙しくないみたいですけど、これ「せわしない」です。

明日は歌舞伎町のサウナに行ってきます。
ガチムチな感じの。
っつーわけで明日は更新しません。
元気だったら明後日か明明後日ぐらいに更新すると思います。
まあもちろんお尻が元気だったら、ってことですけど。

スポンサーサイト


日記・雑談 | 2011-12-17(Sat) 04:01:24 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © Bittersweet Symphony All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。